写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <過ぎし日の記憶を巡る写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
監獄歴史館 網走監獄  北海道網走市
監獄歴史館
 網走監獄歴史館は、網走監獄に関する歴史的資料や網走に監獄が設置された理由を「赫い囚徒の森」体感シアターを中心に紹介している。新法に基づく現在の網走刑務所居室を忠実に再現しているので、矯正施設の役割を担う刑務所を学ぶことができる。
監獄歴史館・鉄丸とカニ錠
鉄丸
 明治14年(1881)改正監獄則で制定された戒具である。逃走の恐れのある無期徒刑因、重罪、軽罪を犯した囚人で、獄舎や器具を破損または暴行、脅迫などを行った者に装着した。
監獄歴史館・たわし 監獄歴史館・煙突の煤とり
 たわし(左)、煙突の煤とり(右)
監獄歴史館・プラウ 監獄歴史館・鞍
プラウ>(上左画像)
 プラウは用犂(ようすき)とも画き、日本古来の和犂に代わって北海道に普及した畜力耕具です。プラウなどの西洋農機具が北海道へ入って来るのは、明治初年のことである。
鞍(網走刑務所の印入り)>(上右画像)
 荷物や人を乗せるために馬の背に置くものを鞍(くら)という。網走刑務所で使用していたものには、刑務所産であることを示すために、あらゆる製品に桜花の紋が入れられていた。
監獄歴史館・共同室 監獄歴史館・共同室
共同室
 共同室は、原則として6名が収容される。網走刑務所の新しい共同室の部屋の広さは27u(約16畳半)で、83の共同室がある。(平成22年(2010)1月現在)。
 居室の内部には被収容者が使用する机、布団が置かれている。洗面用具、書籍などの私物(自弁品)は、収容者それぞれに与えられた収納棚に置くことが許されている。集団で生活するため配置場所などはしっかりと決められている。
 自弁品とは、自分の作業賞与金で購入した物品。刑務所で指定した物品の中から購入する。
監獄歴史館・単独室
(朝食)         (昼食)          (夕食)
監獄歴史館・単独室・朝食監獄歴史館・単独室・昼食監獄歴史館・単独室・夕食
単独室
 単独室には、原則として1名で収容される。網走刑務所の新しい単独室の広さは7.52u(約4畳半)です。
 現在、日本の刑務所は、単独室の数を大幅に増やし、被収容者の居住空間の向上に努めているので、網走刑務所においても単独室は938部屋となり(平成22年(2010)1月現在)、共同室に比べて格段に多くなっている。
 各室内には机、布団が置かれている。被収容者は身の回り品の他、室内装飾品として写真や花瓶を置くことが許されている。
監獄歴史館・囚人服 監獄歴史館・囚人服
 囚人服
監獄歴史館・押切り 監獄歴史館・玉橇(そり)
押切り
 笹や野草、牧草などを適当な長さに切断する道具。
玉橇(そり)
 木材を伐木現場から大型の馬橇が入る山土場まで運ぶときに使用した集材用馬橇。堅く丈夫なナラ、イタヤ、カバなどで作られた。
監獄歴史館・散髪用の椅子 監獄歴史館・草鞋
散髪用の椅子
 刑務所では、囚人の中で理容師・美容師であったものや、適性のあるものを理容夫として訓練し、囚人たちの散髪にあたらせていた。この椅子は、網走刑務所の農場で戸外に持ち出して使用されいたものである。
草鞋
 北海道や東北で使用されていた雪国仕様の草鞋(わらじ)で、つま先に覆いがあるのが特徴です。稲の栽培がほとんどできなかった北海道は、藁がとても貴重だったので、ぼろぼろになっても履いていた。
監獄歴史館・足袋 監獄歴史館・鼻緒
足袋
 囚人の衣類は、昭和19年(1044)8月に様式のジャンバー・ズボン型に変わるまで、和襦袢股引型だったので、足元もも足袋(たび)をはいていた。戦前までは網走刑務所内の縫製工場で製作したものをはいていた。
鼻緒
 上右画像は下駄の鼻緒(はなお)
監獄歴史館・島田鍬 監獄歴史館・足踏み脱穀機
島田鍬
 開墾用の鍬(くわ)には、唐鍬、島田鍬、窓鍬などがある。唐鍬はその名が示しように中国大陸から伝わり、島田鍬は北海道で生まれた。刃部が弧をえがき、刃板も内面に反っていて、形が日本製の島田髷(まげ)に似ていることからこの名がつけられた。
足踏み脱穀機
 上右画像
監獄歴史館・突き飯器 監獄歴史館・背づり
突き飯器
 囚人の主食を盛り付ける道具。作業の種類により、飯の量が1等から5等まで区分されていた。この器で盛り付けると、飯の上部に一・二・三・四・五と数字が付くようになっている。
背づり
 馬橇(そり)用、農耕用の鞍。もみ殻やおがくずが詰められていて、表と裏の革は亜麻糸で縫われている。
監獄歴史館・蓑 監獄歴史館・霧吹き

 藁(わら)、菅(すげ)、茅(かや)などを編んで作った雨具。背中から肩にかけて着物のように羽織って着た。冬には防寒具としても利用された。
霧吹き
 裁縫工場で使われた霧吹き。 
監獄歴史館・弁当箱 監獄歴史館・野菜の行商
弁当箱
 外役作業に出て昼食をとる時は、この赤い弁当箱(箱弁)を持って行った。囚人番号が刻まれた箱弁の中は、主食の麦飯と梅干しのみだったが、食事が楽しみの全てでもあった。
野菜の行商
 自給自足を基本とする刑務所では、受刑者が自分たちで調理して食べるために野菜を作っている。では、余った場合はどうしたか。
 網走刑務所では、余った野菜を模範囚が市内に運んで売りに行った。安い上に美味しいということで、市内の主婦たちに大人気だったという。それだけに、町の店の商売を邪魔しないよう、郊外の住宅地で販売するなどの配慮があった。 
監獄歴史館、菅笠・ツマゴ・深沓 監獄歴史館・籠
 左から菅笠・ツマゴ・深沓(上左画像)、籠(上右画像)
網走監獄の歴史
 明治18年(1885)、北辺の巨大な島・北海道に開拓の先兵として重罪囚を送り込み、廉価な労働力で開拓を進めるという、「北海道三県巡視復命書」が金子堅太郎によって政府に提出され採択された。内務卿の伊藤博文、山県有朋らの懲戒主義論もこれを後押しした。
 こうして北海道集治監は帝政ロシア南下の脅威から北海道を守るという国家的使命を与えられることになった。網走集治監は、中央道路開削という重要な任務を担うことになり、明治23年(1890)に釧路集治監の外役所として設置される。これが網走監獄の始まりである。
 当時の網走は、広大な土地に人口わずか631人という小さな漁村であった。そこに1200名の囚人と看守173名が一挙にやってきて、網走の街は驚くべき変貌を遂げたのです。
 かくして北海道集治監は明治10年代から30年代まで北海道開拓の起動力として運営された。そして、先陣を切って北海道を開拓したという大きな功績と、約3000名にも及ぶ囚人の犠牲を出したという負の遺産を残した。
北海道
網走監獄 正門(煉瓦門) 旧正門 鏡橋 赤煉瓦外塀の煉瓦
配置図 看守控え室 舎房・中央見張所 ニポポ
教誨堂 作業場 事務庁舎 監獄歴史館
食堂 職員官舎 炊場 網走刑務所水門
耕耘庫 稲架掛け 鍛冶作業 正月特別献立
懲罰房 独居房 浴場 野作業
二見ヶ岡刑務支所 面会人待合室 庁舎 外役所正門
二見湖畔神社 網走刑務所裏門 哨舎 二見湖畔神社
講堂 刑務所の中 撮影場 網走刑務所の歌
小樽 裕次郎ホーム 旧手宮線・色内駅 小樽運河
日本最古のコンクリ電柱 サッポロビール博物館 北の国から 旧神居古潭駅
東北
東日本大震災 田老の大防潮堤 石ノ森萬画館 女川の津波被害
チリ地震津波
関東
東京 東大・安田講堂 駆逐艦の錨 原首相遭難現場 浜口首相遭難現場
戦艦陸奥の主砲 かこい(犬屋敷跡) 二重橋飾電燈 東京駅警備巡査派出所
2.26事件 本郷菊富士ホテル跡 戦災の証言者 皇居正門石橋飾電燈
赤坂離宮正門哨舎 瓦斯灯 泰緬鉄道C56 旧新橋停車場
鉄道寮新橋工場 北里研究所 日本赤十字社中央病院 宗教大学車寄
東京駅赤レンガ駅舎 東洋女子歯・医専門学校 ナヒーモフの主砲 萩の舎跡
神田上水路 本郷喜之床 かねやす 第四(本妙寺)校跡
濟生學舎 五輪マーク 歯科医学教育発祥地 中野サンプラザ
横浜 ゲーテ座跡 根岸競馬記念公苑 フランス山 北朝鮮工作船
横川駅 昭和の浦安 前橋監獄雑居房 カノン砲 壱岐丸の号鐘
らお車 旧三笠ホテル
甲信越
旧松本少年刑務所 御坂隧道
東海
明治村 シアトル日系福音教会 ハワイ移民集会所 ブラジル移民住宅 瓦斯燈
歩兵第六聯隊兵舎 名古屋衛戌病院 第八高等学校正門 半田東湯
名鉄岩倉変電所 自動電話
浜松 戦火を超えた市民の木 ガス燈 旧二俣町役場 火の見櫓
宣戦布告の詔書 千人針 ブリキの玩具 焼夷弾
浜松大空襲
豊橋 二川トーチカ 歩兵第18聯隊跡
ボンボン時計 十六銀行旧太田支店 手押しポンプ 伝 酒井之太鼓 旧赤松家
近畿
京都 京都七條巡査派出所 旧二条駅舎 日本映画発祥の地 電気鉄道事業発祥地
阪神淡路大震災 神戸港震災メモリアルパーク 阪神大震災語り部
大井牛肉店 太陽の塔 サンタ・マリア
中国
広島(被爆建物) 原爆ドーム 原爆ドーム(夜景) 原爆ドーム(遠景) 原爆ドーム(投稿)
旧日銀広島支店 山陽文徳殿 燃料会館 広島瓦斯株式会社跡
元安橋 相生橋 影の石 爆心地
本川小 本川小平和資料館 袋町小平和資料館 猿楽町通り
広島市の被害状況
広島(被爆樹木) ソメイヨシニ アオギリ ユーカリ クロガネモチ
広島(平和記念公園) 原爆の子の像 原爆死没者慰霊碑 原爆の惨禍 ヒロシマの碑
中国四国土木職員碑 動員学徒慰霊碑 平和の鐘
旧東郷家住宅離れ 眼鏡橋 歴史の見える丘
出雲 旧大社駅 大砲
自動電話 台場鼻潮流信号機 広島大本営跡
四国
板東俘虜収容所 岬の分教場 防空壕跡
九州
長崎 一本柱鳥居 被爆クスノキ 原爆落下中心地 下の川の惨状
聖徳寺灯籠 被爆当時の地層 防空ごう 湊会所跡
鉄道発祥の地 運上所跡
鹿児島 薩摩暦 電信使用の地
特攻基地・知覧 特攻基地・万世 旧第十二師団司令部正門
共通
産業遺産 環状織機 動力駆動のガラ紡機 無停止杼換式自動織機 豊田式木製人力織機
豊田式汽力織機
時代の様相 昭和20〜30年 昭和30年代@ 昭和30年代A 昭和30年代B
戦時中 戦後復興期の物 戦前・戦中の本 戦後の本・雑誌
終戦の日の新聞 墨塗教科書 少年・少女雑誌 農具@
農具A 生活用具・用品@ 生活用具・用品A 大正・昭和の生活用品
昭和の陰影
郵便ポストの変遷 ポスター 江戸期の銃 百味箪笥 ゴジラ
兵舎内の食事new


Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.