写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <過ぎし日の記憶を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

被爆クスノキ 山王神社   長崎県長崎市
被爆クスノキ
被爆クスノキ 被爆クスノキ
山王神社の大クス
 山王神社は周辺を様々な樹木で囲まれており、その中で、この2本の大クスは神社境内入口にどっしりと根をおろしている。また、四方に伸びた2本の木の枝葉は上部にいくにつれ複雑に絡み合いながら一つの深い緑陰をつくっている。
 1945年(昭和20)8月9日、午前11時2分、原子爆弾の炸裂による強烈な熱線とすさまじい爆風のため、爆心地から南東約800mのこの神社の社殿は倒壊、隣接する社務所は全焼、そして、二の鳥居は片方の柱を失ってしまった。社殿を囲んでいた樹木は折損し、この2本の大クスも爆風により幹には大きな亀裂を生じ、枝葉が吹き飛ばされ丸裸となった。また、熱線により木肌を焼かれ、一時は枯死寸前を思わせたが、その後樹勢を盛りかえし、現在は長崎市の天然記念物に指定されている。
 長崎市はこの地で亡くなられた方々のご冥福をお祈りして二度とこのような参加が繰り返されないことを願ってこの銘板を設置する。 
市指定天然記念物 山王神社の大クス
 この2本のクスノキは、胸高幹囲がそれぞれ8mと6mで、市内にあるクスノキの巨樹の一つである。ともに昭和20年(1945)の原爆で主幹の上部が折れたため、樹高は10m内外であるが、四方に張った枝は交錯して一体となり、東西は40m、南北25mの大樹冠を形成している。
 原爆の影響で一時落葉し、枯木同然であったが、次第に樹勢を盛り返し今日に至っている。
被爆クスノキ 爆風により舞い上がった石
石の由来
 この石は、平成18年(2006)山王神社・被爆楠の木の2度目の治療の時に、右側の木の空洞の中から取り出されたものです。治療に当たった樹木医、海老沼氏によると、昭和20年(1945)8月9日に投下された原子爆弾の爆風により、入ったものと考えられる。(爆風:秒速220m、熱線2,000度(推定))その証として無数の石が、右側の木の中から発見されている。
 この木の3mの上にのぞき窓があり、この部分に空洞があって、爆風により石が舞い上がり、穴の中に止まっている。常識では考えられないような大きな力が加わり、原子爆弾の威力を物語っている。
 神社に向かって左側の楠の木は爆心地に近く、主幹は途中で折れている。その上、木の幹(内部)には無数の破片(瓦、金属、小石等)が突き刺さっていた為、治療の時、その破片を取り除くのには困難を極めた。(山王神社氏子総代会)
山王神社 坂本町民原子爆弾殉難之碑
坂本町民原子爆弾殉難之碑
 町内会長をしていたので翌日町内のようすをみて回った。さんさんと照りつける真夏の太陽の下にあちこちの畑一杯にあるいは死にあるいは生死の境をさ迷いながらうめき苦しむ多くの人々、達者な者は重傷者の看護に一生懸命立ち働いている。意識ある者はすべて泣いて救いを求めた。780余人の総人口のうち200人ぐらいは負傷はしていてもまだ生きていたし、達者な者も150人以上はいたのだが、それから10日ぐらい経ったころにはばたばたと死んで行き完全に生き残った者はわずか20人ぐらいに過ぎなかった。
 町内175世帯中家族そろって完全に生き残ったのは山王神社の船本氏の一家族だけである。その日朝8時ごろの空襲で町内の防空壕奥に深く入り、そのまま壕内で遊んでいて赤ん坊に至るまで完全に助かったというのである。

 右の文(上の文)は被爆当時、町内会長だった久保忠八さん(昭和47年没)の手記「原爆記」(長崎原爆戦災誌に収録)の中から抜粋したものです。久保さんは昭和20年8月9日、浦上に原爆が投下された当日、仕事で県外に出張していて難をのがれた数少ない体験者です。2日後の11日、帰宅して目にしたのは一面の焼け野原。ご自身も妻子5人を亡くしました。その惨状を知る生き証人でもありました。昭和27年、被爆倒壊した山王神社の鳥居の足柱をゆずり受け、町民手づくりで碑を建立。
 以後、毎年、8月9日に慰霊祭を催して、犠牲となられた多くの地域住民に哀悼の誠を捧げ、世界の恒久平和を祈念しています。
 なお、碑は平成18年9月の台風で折れた楠の大枝が覆いかぶさり倒れましたが、住民の募金で復元。この地、山王からの祈りを今日に継承しています。
     平成19年8月 坂本町山王自治会
山王神社案内
 当神社は島原の乱後、時の徳川幕府老中松平伊豆守信綱が此の地を通過せし際、近江の国琵琶湖岸の坂本に風景・地名共に酷似しているとて、かの地の山王日枝の山王権現を招祀してはとの進言により、長崎奉行・代官は寺町の真言宗延命寺の龍宣法印師に依頼し神社建立に着手した。
 当時は神仏混合の習慣により、延命寺の末寺として「白厳山観音院円福寺」と称して運営された。以後、幾度かの盛衰がありたるも地域の氏子の方々に守られて明治維新を迎え、神仏分離令により、元来の神社に戻り「山王日吉神社」と改称し、浦上地方の郷社となる。
 明治元年、山里地区の皇太神宮が祀られるも台風等の被害にて損壊し、再建や以後の運営も困難になり、廃社を検討されるを知り氏子は山王社との合祀を願出て許可となり、明治17年(1884)1月遷宮し以後「県社 浦上皇太神宮」と称したるも地域では「山王さん」として親しまれ、また「浦上くんち」としておおいの賑わってきた。
 不幸にも昭和20年(1945)の原爆の惨禍に直面し、壊滅状態となりたるも数年を得ずして苦境の中から復興の声が上がり、昭和24年(1949)より祭典を復活し、以後社殿境内等も次第に復活された。昭和63年(1988)神社創建350年の記念すべき年に、幣殿も再建してほぼ旧来の姿に近く再建し得た。
 原爆時の遺物としては、現在は世界的にも有名になった参道の「石製片足鳥居」と、境内入口に聳える「楠の巨木」等が残り原爆の悲惨さと平和の有り難さを無言の内に語り掛けてくれる。
 また、楠木は戦後の数年で発芽次第に繁茂し現在の雄姿となり地域の人々に戦後の復興の意欲と活力を与えてくれた。
北海道
日本最古のコンクリ電柱 サッポロビール博物館 北の国から
東北
東日本大震災 田老の大防潮堤 石ノ森萬画館 女川の津波被害
チリ地震津波
関東
東京 東大・安田講堂 駆逐艦の錨 原首相遭難現場 浜口首相遭難現場
戦艦陸奥の主砲 二式大型飛行艇 二重橋飾電燈 東京駅警備巡査派出所
2.26事件 本郷菊富士ホテル跡 戦災の証言者 皇居正門石橋飾電燈
赤坂離宮正門哨舎 零戦 泰緬鉄道C56 旧新橋停車場
鉄道寮新橋工場 北里研究所 日本赤十字社中央病院 宗教大学車寄
東京駅の赤レンガ駅舎 東洋女子歯・医専門学校 ナヒーモフの主砲 萩の舎跡
神田上水路 本郷喜之床 かねやす 第四(本妙寺)校跡
濟生學舎
横浜 ゲーテ座跡 根岸競馬記念公苑 フランス山 北朝鮮工作船
横川駅 昭和の浦安 前橋監獄雑居房 カノン砲 壱岐丸の号鐘
らお車
甲信越
旧松本少年刑務所 御坂隧道
東海
明治村 シアトル日系福音教会 ハワイ移民集会所 ブラジル移民住宅 瓦斯燈
歩兵第六聯隊兵舎 名古屋衛戌病院 第八高等学校正門 半田東湯
名鉄岩倉変電所 自動電話
浜松 戦火を超えた市民の木 ガス燈 旧二俣町役場 火の見櫓
宣戦布告の詔書 千人針 ブリキの玩具 焼夷弾
浜松大空襲 戦前の本new
ボンネットバス 清水次郎長の船宿 土肥金山 人力車 相良油田
近畿
京都 京都七條巡査派出所 旧二条駅舎 終戦の日の新聞 電気鉄道事業発祥の地
日本映画発祥の地
阪神淡路大震災 神戸港震災メモリアルパーク 阪神大震災語り部
大井牛肉店 太陽の塔 サンタ・マリア
中国
原爆ドーム 台場鼻潮流信号機 自動電話 旧大社駅
四国
板東俘虜収容所 岬の分教場 防空壕跡
九州
長崎 一本柱鳥居 浦上天主堂 原爆落下中心地 下の川の惨状
聖徳寺灯籠 被爆当時の地層 防空ごう 被爆クスノキ
鉄道発祥の地 運上所跡 湊会所跡
鹿児島 薩摩暦 電信使用の地
特攻基地・知覧 特攻基地・万世 旧第十二師団司令部正門
共通
郵便ポストの変遷 昭和20〜30年 昭和30年代@ 昭和30年代A 昭和30年代B
戦後復興期の物 戦時中


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.