写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

旅の魅力 寅さんを思い出す   長野県東御市
北国街道・海野宿
秩父のシンボル・武甲山
秩父・下吉田「椋(むく)神社」
 私は旅が好きです。旅に出るといつもの自分から解放された気分になりほっとします。家族旅行、夫婦フルムーン旅行、一人旅どれも魅力があります。旅の魅力とは何でしょうか。
 第一は、計画を立てているときの何とも言えない楽しさです。時刻表、ガイドブック、インターネットで検索した資料、現地の観光協会から取り寄せたパンフレットを駆使して、ここへ行こう、あそこへ寄ろう、バスがある・ない、間に合わない、博物館が休みだ、どうしようとか、まだ行ったことのない土地に思いをはせているときが楽しいものです。
 第二は、人との出会いです。道を聞くと、「ゆっくり観ていってください、いいところですから」と笑顔で丁寧に教えてくれたおばあさん。「ここは暖房がないから冷たくてすいません、よかったらこれ飲んで暖まってください」と缶コーヒーをくれた資料館のおばさん。心が温かくなりました。「浜名湖のほとりですか、暖かくて毎日海が見えてうらやましいですね」とふるさとの良さを再認識させてくれた夕食に立ち寄った食堂の主人。人の心の温かさに触れることができるのも旅の魅力です。
 第三は、おいしい食べ物との出会いです。その土地ならではの食材や料理があります。その土地で取れた食材を地元の料理人が調理し、その場で食する。これが一番です。信州(長野県)上田では、蕎麦と馬刺とクルミが代表的です。武州(埼玉県)秩父では豚のみそ漬けや串焼きが名物です。豊かな食は心まで豊かにしてくれるようです。
 第四は、風土に直接触れることです。風土とはその土地固有の気候・地味など、自然条件や土地柄のことです。触れ方は人様々でみな違います。私は電車やバスなどの公共交通機関を利用することで、風土に触れようとしています。車に比べると時間にロスが多く、行く場所や行動範囲も限られてきますが、良さもあります。例えば、定期バスは昔からの集落を走るのでそこで生活する人々の息づかいを感じることができます。電車やバスには様々な人が乗り降りします。会話や服装、態度など、人が生きていることを実感できる空間でもあります。また、待ち時間のぼーっとした雰囲気もいいですね。
 旅の魅力について書いてみましたが、私が旅が好きな理由はもう一つあると想像しています。それはおそらく出て帰る巣、即ち家族や仲間がいるからではないでしょうか。温かな家の存在があるからこそ、旅の魅力もある。さあ、旅にでかけませんか。(M.F さんより) 
地図
北海道
酒造会社の水
東北
正月パス 正月パス(2005) 正月パス(2006・往き) 正月パス(2006・帰り) 正月パス(2007・往き)
正月パス(2007・帰り)
充電より放電 金魚ねぷた
関東
三大珍獣 旅の魅力
甲信越
オニヤンマの産卵
東海
風力発電 草木塔 オオゴマダラチョウ 旧家 舞台の脇役
黄金バット 佐久間ダム 道具オブジェ 人力飛行機 ツマグロヒョウモン
夢追いかけて
北陸
呼鳥門
近畿
餅鏡 舞子体験 路傍の石像 こども歌舞伎 十日戎・福娘
ロックな詩人
四国
ゲストハウスUEDA 十家モノレール 出航 鏝絵@ 鏝絵A
へんろ小屋
九州
郷中教育
共通
永遠に生きる 「旅おりおり」の履歴new 鳥の巣 自動車旅行 文字に託す
甲状腺癌闘病記@ 甲状腺癌闘病記A 甲状腺癌闘病記B さざれ石 こいのぼり
金属の像 ポスター 手形 野茂英雄 宇宙服
無人ヘリコプター@ 無人ヘリコプターA


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.