写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <旅先などで味わった食の写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
遺跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back 城・城跡
 建築・構造物
歴史的建造物 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼・湿原 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
日曜画家  
 管理人
管理人備忘録 リンク集
ぬれ煎餅 銚子電鉄   千葉県銚子市
ぬれ煎餅
ぬれ煎餅 ぬれ煎餅
 むらさき香る沿線 潮騒めぐる銚子電鉄 風味豊かな ぬれせんべい 
 銚子特産の醤油を使用した風味豊かな「ぬれせんべい」。湿っぽい感じがするが、それがこのぬれ煎餅の特徴で、生ものと同じです。(風袋の説明)
 ヤマサ醤油(銚子)の「ぬれ煎餅専用醤油だれ」を使用。しかも、普通味のぬれ煎餅にはカツオだし、うすむらさき(薄味)にはこんぶだし入りの醤油だれと使い分けている。それが旨味をより一層引き出している。(画像提供:M.M さん)
ぬれ煎餅 ぬれ煎餅
奇跡のぬれ煎餅> 〜小さな煎餅が鉄道を救った〜
 銚子電鉄は千葉県最東端の銚子市を走る、全長僅か6.4qの小さな私鉄です。そんな鉄道会社が販売している「ぬれ煎餅が起こした奇跡の実話」を紹介する。
 銚子電鉄は過疎化による人口減少や、観光客の減少により年々乗客数が減り、行政からの補助金で何とか運行を維持している状態でした。 昭和30年代に年間250万人以上いた乗客は、平成に入ると100万人を切り、いつ廃線になるかと不安を抱えながら仕事をしていた。
 平成18年(2006)、恐れていたことが現実に変わった。当時の社長に横領が発覚。その額は1億円を超え、すでに行政からの補助金は打ち切りになっており、倒産の危機が目の前に迫っていた。しかも、時を同じくして国土交通省の監査が入り、老朽化した線路や踏切の改善・修理の命令も出された。3カ月以内に線路・踏切などの改修をしなければ運行停止。それには約5,000万円もの費用が必要で、会社にとってこれは“死刑宣告”とでも言うべきものであった。
 そのうえ車両の法定検査(自動車の車検のようなもの)が1ヶ月後に迫り、費用は1,000万円。これら多額の費用は月間運賃収入が900万円の赤字会社がとても確保できる額ではありません。社員の給料さえも全額払えない状況で、この時の通帳残高は僅かに200万円。銀行からの追加融資も元社長の横領問題で望めず、会社存続は絶望的な状況であった。

 それでも何とかしなければならない…
 出来る事といえば、数年前より製造・販売を開始した副業の「ぬれ煎餅」を売ることだけだった。電車を走らせる為に、「買って下さい、買って下さい。」来る日も来る日も必死になって売り歩いたが、そう簡単に売れるものではない。現実の厳しさを思い知らされた。「本当にこんなことに意味があるのか?」「私達が思うほどに銚子電鉄は必要とされてないのか?」そんな思いが頭をよぎり、やる気を失いかけていた。
 もうダメかと諦めかけていたある日の朝、パソコンを開くと、膨大な数のメールが2,000…3,000件…!「ぬれ煎餅」のご注文が今までに見たことがないようなペースで入り続けていた。一瞬、わが目を疑いました。一体これはどういうことなのだろう…?

 実は3日前の夜、「もはや残された時間はあと数日、このままでは完全に資金ショートを起こしてしまう。何かしなければ。」・・そう思った時にふと思いついたのが、インターネットでぬれ煎餅の購入を呼びかけることだった。
 「ぬれ煎餅を買って下さい。電車修理代を稼がなくちゃいけないんです。」 という言葉が自然と頭に浮かび、思わずホームページに書き込みをしたのであった。
 この書き込みを見た多くの人がインターネットの掲示板やブログ(日記)などで、「ぬれ煎餅の購入」を呼び掛けてくれたためであった。そのメッセージに10日間で10,000人以上のお客様が共感してくれた。

 その後テレビなどにも取り上げられ、ぬれ煎餅は爆発的な売上げを記録した。この売上げにより「車輌の法定検査」や「老朽化施設の改修」などの費用を賄うことができた。これはまさに思いもよらぬ「奇跡」であった

 そして、ご注文をいただいた多くのお客様からメッセージが添えられていた。
「年金生活なので、これが精一杯の買い物でした。ごめんなさい…。」
「彼女との初デートに銚子電鉄を利用した。その時、僕が緊張しているのを見た車掌さんが話しかけてくれ、二人を和ませてくれた。その時の彼女は、今僕の妻です。子供も二人できました。僕達を結びつけた銚子電鉄、あの時の優しい車掌さん、今度は僕が助ける番です。」
「子供達がお金を出し合いお煎餅を注文しました。銚子電鉄がんばれ!」
「私が小さい頃、去年亡くなった母と銚子電鉄に乗った大変楽しい思い出があります。優しかった母との思い出の一部がなくなってしまうのは悲しいです。絶対に守ってください。ずっと応援します。」
 メッセージを読んでいると涙が溢れてきた。「ありがとうございます。ありがとうございます。」ただ感謝の言葉しか思い浮かばなかった。

 私は「苦しいときに助けを求めることは、恥ずかしいことではない」ということを学んだた。あの時、ホームページにぬれ煎餅の購入を呼びかけて本当に良かったと思っている。もし呼びかけていなければ、もう銚子電鉄は確実に廃線となっていたことでしょう。
 また、このような奇跡が起きることもなかったし、お客様の温かい気持ちを知る機会もなかったと思う。
 そして今は「多くの人からいただいた温かい想いを、自分達がどれだけ返せるか!」「人のためになれるか!」「このご恩は返さなければいけない!」と強く思っています。だから、私達は電車を走らせ続け、「電車に乗って楽しかった」と思って頂けるように、そして「このぬれ煎餅を食べた人が美味しかった」と、一時でも幸せになれるように、これからも全力を尽くします。
 また、この話を読んでいただいたお客様が、「人の心の温かさ」や「諦めない気持ち」、「困った時は素直に助けを求める」など、現代社会の人達が忘れかけたものを思い出し「人と人との温かいつながり」が増えるきっかけになれたら嬉しいです。
 今でもぬれ煎餅をご購入していただいたお客様から「電車大丈夫?」と心配されたり、「電車運行がんばって!」と激励を受けたりしている。お客様に恵まれ本当に幸せです。これからも、様々な問題がおこるかもしれませんが、従業員一丸となって頑張っていきます。
  銚子電気鉄道株式会社 取締役 総務部長 山ア勝哉(当時 経理課長)
北海道
夕張メロン でんすけすいか 旭川ラーメン 八角の刺身 コーンバター味噌ラーメン
刺身豪快七点盛り 北海あぶり焼き 三角山五衞門ラーメン 札幌ラーメン 玉ねぎ味噌ラーメン
野菜カレー イクラホタテ丼 鮭たたき丼 バウムクーヘン
東北
牛タン だまこ鍋 イカ焼き 青池ソフト きりたんぽ鍋
しじみラーメン ずんだ大福
関東
いもビール 芋ようかん 水戸の梅 追分だんご いわしのごま煮
創作料理 マグロ丼 和牛サーロイン イワナのさしみ 北京ダック
塩大福 ぬれ煎餅 草団子(吉野屋) 半熟かすてら 権五郎力餅
釜あげしらす丼 あさり膳 ごまたまご 草団子(高木屋) カツカレー
小籠包 深川ちよこ 魚三酒場(門前仲町) もんじゃ焼き 味噌とんこつラーメン
中華そば(井上) 豚骨ラーメン おはこ中華そば 大勝軒のラーメン ディナーバイキング
バームクーヘン 豆菓子 天日干し落花生 中華そば(しば田)
甲信越
ほうとう イワナの炭火焼き くろ玉 わさびの花そば 信州そば
つとっこ
東海
とろろ汁 キンメダイ 湯葉グラタン 五平餅 会席料理
刺身 牛ホホ肉のブレゼ 松崎港・魚料理 田楽 喰切料理
ピッツァ 伊勢エビ 味噌カツ 味噌カツ丼 精進料理
名古屋コーチン 味噌煮込みうどん きしめん イナバウアーそば 中華そば
屋台味ラーメン 天丼 バームクーヘン作り ワイルドステーキ ジビエ料理
鱧(ハモ)料理 栗きんとん 月見とろろ丼 インドカレー うな重
大粒完熟苺大福 最中セット 焼きたて油揚げ御膳 浜松餃子
北陸
シロエビ 福梅 寒ブリ ズワイガニ カニづくし料理
浜焼さば 越前蟹 セイコ丼
近畿
金平糖 糸切餅 蕎麦饅頭 たこやき(大阪) たこやき(京都)
金つば 丹波黒豆うす紫 あぶり餅 みそだんご 老玉
長五郎餅 千枚漬 湯豆腐 柿の葉すし 京懐石
豆富 スズメの丸焼き 串カツ ねぎラーメン 赤穂の塩ラーメン
うどんすき 柿寿賀 ロンドン焼 粟餅 焼鯖そうめん
辨慶力餅
中国
粽菜 うずめ飯 鯉の洗い 大手饅頭 かきしぐれ
割子そば もみじ饅頭
四国
アイスに醤 坊ちゃん団子 栗タルト 安兵衛 山内うどん
手打ちうどん こってりラーメン
九州
両棒餅 150年前の西洋料理 皿うどん ちゃんぽん 薩摩の食事
黒味噌ラーメン ざぼんラーメン 博多ラーメン
沖縄
沖縄のぜんざい 沖縄そば
その他
海鮮丼 小樽・オホーツク丼 小樽・海鮮丼 浜松・海鮮丼 余市・いくら重
射水・白エビ入り海鮮丼
マジパン さちのか 上海がに カップ地酒new 海ぶどう
バロット



Copyright(c) 2002-2024 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.