写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <旅先などで味わった食の写真紀行

 印象深い景色
坂道 灯台
横丁・小路
街角 通り
温泉
 史 跡
街道 史跡
城・城跡 人物
奥の細道 墓地・終焉地
Play Back
 建築・構造物
伝統的建築 先端建築
神社
教会
漁港 垣根
 自 然
池・沼 海岸
 産業・交通
伝統・地場産業 バスターミナル
自動車・バイク
国内線 道風景
航空機
 四季の景色
棚田 桜紀行
春景色 夏景色
秋景色 冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台 祭・イベント
夜景 テ−マパ−ク
趣味悠々 食紀行
 管理人
管理人備忘録 リンク集
シロエビ 日本沿岸の固有種   富山県黒部市
シロエビ
シロエビ シロエビ
 富山湾の宝石とも言われるシロエビを食べに黒部市へ。シロエビは、シラエビ(白海老ー和名ー)とも呼ぶ。黒部ではシロエビと呼んでいた。サクラエビのように深海に棲んでおり、富山湾、駿河湾、相模湾などで見られ、富山湾での特産物になっている。傷みが早いようで、生食は鮮度が要求される。
 ここでは、シロエビの刺身(むき身)をいただく。とろけるような食感とエビ独特の甘みが口の中に広がる。なかなかの美味である。ここでしか食べることが難しいと思い、じっくり味わう。
シロエビを炊き込んだご飯 シロエビ
 シロエビを炊き込んだご飯(左側画像)。味付けも非常に良くご飯の美味しいこと。同席の全員がこれは素晴らしいと絶賛する。生きたシロエビは無色透明でややピンクがかっているが、死ぬと乳白色になっていく。この体色に由来してシロエビと名付けらたと聞く。刺身の他、寿司種、天ぷら、吸い物などいろいろな料理で使われているようだ。 
北海道
夕張メロン でんすけすいか 旭川ラーメン 八角の刺身 コーンバター味噌ラーメン
刺身豪快七点盛り 北海あぶり焼き 三角山五衞門ラーメン 札幌ラーメン
東北
牛タン だまこ鍋 イカ焼き 青池ソフト きりたんぽ鍋
しじみラーメン ずんだ大福
関東
いもビール 芋ようかん 水戸の梅 追分だんご いわしのごま煮
創作料理 マグロ丼 和牛サーロイン イワナのさしみ 北京ダック
塩大福 ぬれ煎餅 草団子(吉野屋) 半熟かすてら 権五郎力餅
釜あげしらす丼 あさり膳 ごまたまご 草団子(高木屋) カツカレー
小籠包 深川ちよこ 魚三酒場(門前仲町) もんじゃ焼き 味噌とんこつラーメン
中華そば(井上) 豚骨ラーメン おはこ中華そば 大勝軒のラーメン ディナーバイキング
バームクーヘン 豆菓子 天日干し落花生
甲信越
ほうとう イワナの炭火焼き くろ玉 わさびの花そば 信州そば
つとっこ
東海
とろろ汁 キンメダイ 湯葉グラタン 五平餅 会席料理
刺身 牛ホホ肉のブレゼ 松崎港・魚料理 田楽 喰切料理
ピッツァ 伊勢エビ 味噌カツ 味噌カツ丼 精進料理
名古屋コーチン 味噌煮込みうどん きしめん イナバウアーそば 中華そば
屋台味ラーメン 天丼 バームクーヘン作り ワイルドステーキ ジビエ料理
鱧(ハモ)料理 栗きんとん 月見とろろ丼 インドカレー うな重
大粒完熟苺大福 最中セット 焼きたて油揚げ御膳 浜松餃子new
北陸
シロエビ 福梅 寒ブリ ズワイガニ カニづくし料理
浜焼さば 越前蟹 セイコ丼
近畿
金平糖 糸切餅 蕎麦饅頭 たこやき(大阪) たこやき(京都)
金つば 丹波黒豆うす紫 あぶり餅 みそだんご 老玉
長五郎餅 千枚漬 湯豆腐 柿の葉すし 京懐石
豆富 スズメの丸焼き 串カツ ねぎラーメン 赤穂の塩ラーメン
うどんすき 柿寿賀 ロンドン焼 粟餅 焼鯖そうめん
中国
粽菜 うずめ飯 鯉の洗い 大手饅頭 かきしぐれ
割子そば もみじ饅頭
四国
アイスに醤 坊ちゃん団子 栗タルト 安兵衛 山内うどん
手打ちうどん こってりラーメン
九州
両棒餅 150年前の西洋料理 皿うどん ちゃんぽん 薩摩の食事
黒味噌ラーメン ざぼんラーメン 博多ラーメン
沖縄
沖縄のぜんざい 沖縄そば
その他
海鮮丼 小樽・オホーツク丼 小樽・海鮮丼 浜松・海鮮丼 余市・いくら重
射水・白エビ入り海鮮丼
マジパン さちのか 上海がに カップ地酒 海ぶどう
バロット



「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2022 写真紀行 uchiyama.info All Rights Reserved.