写真紀行・旅おりおり トップページへ 写真紀行・旅おりおり : 旅先で撮影した景色、建築、史跡、祭、風物等の写真と動画
 <史跡を巡る写真紀行


 印象深い景色
坂道灯台横丁・小路街角通り温泉
 史 跡
街道史跡城・城跡人物奥の細道墓地・終焉地Play Back
 建築・構造物
伝統的建築先端建築神社漁港垣根
 自 然
池・沼海岸
 産業・交通
伝統・地場産業バスターミナル国内線自動車・バイク道風景
 四季の景色
棚田春景色夏景色秋景色冬景色
 歌の舞台・祭・他
歌の舞台祭・イベント夜景テ−マパ−ク趣味悠々
 管理人
管理人備忘録リンク集

旧萩藩校明倫館 防長二州の文教の中心  山口県萩市
旧萩藩校明倫館
旧萩藩校明倫館 旧萩藩校明倫館
 明倫館は、享保3年(1718)5代藩主毛利吉元が藩校の創建を命じ、堀内(萩城三の丸)に完成する。以降、館の拡張を行ってきたが、弘化3年(1846)13代藩主毛利敬親が時勢の進展に伴い移築を命じ、嘉永2年(1849)江向に新明倫館が完成し、移転する。
 明治3年(1870)藩校としての明倫館は廃止される。
明倫館遺構 感徳門 明倫館遺構 感徳門
明倫館遺構 感徳門
 観徳門(かんとくもん)は、旧藩校明倫館の遣構で、孔子を祀った聖廟の前門である。明倫館の正門(南門)と聖廟との中間に位置し、はん水に架かる万歳橋を渡り、聖廟を巡らす石柵内への入口になっていた。
 形式は木造瓦棒銅板葺き、左右に唐破風を備えた平唐門で、桁行2.5m、梁間1.45m、両袖に連子格子の塀をつけている。出入口は一間一戸、扉は上部に連子を入れた桟唐戸で両開きになっている。 
 全体に木鼻や操形が多く、装飾的要素が目立ち、構造的にも大仏様や禅宗様の要素を持つ珍しいものである。建築年代は、新明倫館が再建された嘉永2年(1849)で、本願寺萩別院に移されて客殿門となっていたが、昭和57年(1982)3月、明倫館の旧地である明倫小学校敷地内に移された。 
明倫館遺構 南門 明倫館遺構 南門
明倫館遺構 南門
 この門は明倫館の正門として建てられたもので、明倫館全体からみて南にあたるので南門と名付けられたが、通称は表御門と呼ばれていた。 
 形式は、切妻造、本瓦葺の四脚門で、藩主が聖廟を拝する春秋の孔子祭や公式行事以外は扉を開くことはなかった。
 南門東妻の板かえる股の裏側に刻銘があり、弘化5年(1847)正月に建立されたことが明らかになっている。また、かえる股の鳳凰円紋の彫刻は、奈良法隆寺宝物の螺鈿(らでん)唐櫃(からびつ)の円紋から倣ったことが明らかになった。
 明治15年(1882)に西田町の本願寺山口別院萩分院の表門として移築されていたが、平成15年(2003)2月に本願寺山口別院から南門の寄付を受けた。これを機に萩市は移築事業に着手し、122年ぶりに建築当時の位置に復原した。
明倫館遺構 万歳橋 明倫館遺構 万歳橋
明倫館遺構 万歳橋
 嘉永2年(1849)江向に新築された明倫館には、多くの藩校と同じように聖廟の前に水を巡らし、その中央に石橋が架けてあった。はん水はん池ともいい、中国上代の形式を模倣したもので、諸侯の学校であることの象徴である。はんは半と同じ意味で、聖廟周囲の南半分にしか水がないことを意味している。
 橋は花崗岩で造られており、長さ4.05m、幅員3.15mの直橋で、橋脚はなく両岸の石垣の橋台に2本のアーチ式橋桁を渡し、その上に10個の短冊石(たんざくいし)を横に並べて造られており、中国風のデザインを施した太鼓橋である。(万歳橋は萩城跡指月公園内にある。)
旧萩藩校明倫館「明倫館碑」 旧萩藩校明倫館「明倫館碑」
旧萩藩校明倫館「明倫館碑」
 明倫館は、5代藩主毛利吉元の代の享保4年(1719)に、萩城三の丸追廻し筋(堀内)に開校した。敷地は940坪であった。
 それから、130年後、13代毛利敬親の代の嘉永2年(1849)に、萩城下中央の江向の地に敷地15,184坪、建物総坪数11,328坪、練兵場3,020坪の広大な規模の新明倫館が完成して移ったものである。
 明倫館碑は2基あり、向かって左側は明倫館創建21年目の元文6年(1741)、6代藩主毛利宗広が創立の由来を伝えるために建てたものである。玄武岩の石碑には2代学頭山県周南撰文、3代学頭津田東陽書による「明倫館記」が刻まれている。
 右側は嘉永2年(1849)13代藩主毛利敬親が新明倫館の開校を記念して10代学頭山県太華に「重建明倫館記」を撰ばせて建てたものである。国指定史跡
旧萩藩校明倫館・有備館
旧萩藩校明倫館・有備館 旧萩藩校明倫館
旧萩藩校明倫館・有備館 旧萩藩校明倫館・有備館
旧萩藩校明倫館・有備館
有備館
 有備館は、剣術と槍術の稽古場で、藩校明倫館内に建築された。木造一重入母屋造り桟瓦葺きで平屋建て、桁行37.88m、梁間10.8mの南北に長い建物です。内部の北半分は板間39畳の剣術場、南半分は土間54畳を槍術場とし、各その西側を藩主の上覧場とし、中間に藩主臨場などの場合に使う控室がある。ここは藩士の練武のほか、他国(他藩)からの剣槍術の修業者との試合場、すなわち「他国修業者引請剣槍術場」でもあった。土佐の坂本龍馬も来萩しここで試合をしたといわれている。(国指定史跡)
坂本龍馬と萩
 文久2年(1862)1月14日、坂本龍馬は土佐勤王党首領武市瑞山の手紙を久坂玄瑞に届けるため萩を訪れた。龍馬は萩に9日間滞在する。その年の3月24日、龍馬は突然土佐を脱藩。そして薩長同盟、大政奉還など歴史に残る偉業を成し遂げてゆく。 
 一体、萩で何があったというのか。
 幕末欧米列強はアジア各地を植民地とし、日本の独立も危ぶまれていた。久坂玄瑞は長州藩を訪れた龍馬に、師・吉田松陰の草莽崛起論(そうもうくっきろん)を説く。日本を変革するのは草の根に隠れている自分たちで、そのためなら藩は滅んでも構わぬという凄まじい決意であった。そして龍馬はこの直後、土佐を脱藩してしまった。萩には今も、人々の魂を奮い立たせる何かがある。
北海道
函館 造船所跡地 ペリー提督来航記念碑 宇須岸河野館跡
東北
角館・武家屋敷 山居倉庫 石場家住宅 旧金子家住宅 厩石
三内丸山遺跡@ 三内丸山遺跡A
関東
東京 築地塀 佃島渡船場跡 大洗堰跡new 山吹の里
お化け燈籠 処静院跡の石柱 蕃書調所跡 定火消発祥の地
銅燈籠 旧乃木邸 国学発祥の地 赤門
湯島聖堂 御鷹部屋 新暦調御用所跡 江戸城外堀跡石垣
石町時の鐘 キリシタン屋敷跡 勝・西郷の会見地 神田上水石樋の石
真砂遺蹟
東京(見附) 赤坂見附跡 日比谷見附跡 四谷見附跡
鎌倉 東勝寺跡 日蓮上人辻説法跡 北条時房邸跡
横浜 鉄の橋 横浜天主堂跡 象の鼻波止場 日本の新聞誕生の地
弘道館 ペリー上陸地
甲信越
長野 松代藩文武学校 川中島古戦場 象山地下壕 真田邸
開智学校
東海
関ヶ原合戦 家康最初陣地 関ヶ原決戦地 石田三成陣跡 島左近陣跡
名古屋 信長塀 蕉風発祥の地
浜松 米津台場跡 伊場遺跡 犀ヶ崖古戦場 徳川秀忠誕生井戸
江戸行六義人 中村家住宅 三方ヶ原古戦場
掛川 旅籠 川坂屋 藤文 旅籠 萬屋
伊豆の国 江川邸 願成就院 韮山反射炉 北条政子誕生井戸
下田 ペリー上陸地 吉田松陰寓寄処
馬防柵 桶狭間古戦場 旧見付学校 旧天城トンネル 畳石
高山陣屋 指月殿 崇廣堂 旅館 大橋屋
近畿
京都 寺田屋騒動址 落柿舎 御手洗井 池田屋跡
粟田口 インクライン 水路閣(琵琶湖疎水) 中院山荘跡
時雨亭跡 御土居 長坂口 閑院宮邸跡
阿国歌舞伎発祥地 翠紅館跡 京都御所 西行井戸
西行庵 神泉苑 西寺旧跡 高松殿址
二條陣屋 亀山藩京屋敷跡 応仁の乱勃発地 大極殿跡
高瀬川一之船入 高瀬川七之舟入址 草紙屋・八文字屋 土佐藩邸跡
化粧水 千利休居士遺蹟 不審庵 秦家住宅 野口家住宅
新選組最後の洛中屋敷 久坂玄瑞寓居跡 東三条院址 御陵衛士屯所跡
奈良(平城宮) 朱雀門 大極殿@ 大極殿A 大極殿の屋根
井戸枠 内裏正殿 築地回廊 磚積基壇建物
遺構変遷 宮内省 東院庭園 兵部省
第一次大極殿と朝堂院 第二次大極殿 檜皮葺
明日香 甘樫丘 高松塚古墳 飛鳥水落遺跡 石舞台古墳
大官大寺阯 川原寺跡
大山崎 天正・山崎合戦 山崎宗鑑冷泉庵跡
赤穂 近藤源八宅跡 大石頼母助屋敷門
山田寺阯 井筒屋 大阪城採石場 長屋門附塀 藤原宮跡
旧西川家住宅
中国
津和野 馬場先櫓 藩校養老館 多胡家表門 大岡家老門
萩城下町 松下村塾 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋 旧湯川家屋敷
鍵曲 旧萩藩校明倫館 菊屋家住宅 旧久保田家住宅
旧佐伯丹下家屋敷
下関 朝鮮通信使上陸淹留地 七卿史跡 奇兵隊結成の地 長州砲
壇ノ浦古戦場
松江・武家屋敷 鞆七卿落遺跡
四国
池田の桟敷 旧喜多家住宅 旧永井家庄屋屋敷 塩飽勤番所跡 野村家(武家屋敷)
浦戸砲台場跡
九州
長崎 グラバー邸 亀山社中の跡 出島 居留地跡
鹿児島 仙巌園 医学院跡
ザビエル記念碑 島原・武家屋敷 知覧武家屋敷群 元寇防塁

忠臣蔵
東京 赤穂浪士の道 吉良邸跡 浅野内匠頭邸跡 赤穂浪士の墓
泉岳寺 南部坂 吉良家墓所(東京) 間新六供養塔
赤穂 大石邸長屋門 大石神社 花岳寺 こども歌舞伎
大石瀬左衛門 息継ぎ井戸 片岡源五右衛門 赤穂城
吉良 吉良家墓所(西尾)


Google
WWW を検索 写真紀行・旅おりおり を検索

「写真紀行・旅おりおり」の画像を利用したい場合は、「」より連絡してください。

Copyright(c) 2002-2018 写真紀行 All Rights Reserved.